BOLLOG[ボルログ] ボルダリング総合情報 » レスト中にどうですか?クライマーなら是非読んでおきたいマンガ3選!



2014年03月27日 13:51

category-コラム, 本・漫画・DVD

レスト中にどうですか?クライマーなら是非読んでおきたいマンガ3選!

レスト中にどうですか?クライマーなら是非読んでおきたいマンガ3選!

皆さんは、マンガは好きですか?
私は大好きです。
 

最近では、マンガの映画化やアニメ化、ドラマ化が多く、マンガが凄く身近になっていると思います。
 
そんなマンガ、クライミングジムの休憩室にも結構置いてあるところも多いのではないでしょうか?
 
私が行っていたジムでは、時々、クライミングの休憩中ずっとマンガを読んでいて、そのまま何時間も登らない人もいましたね(笑)
 
今回は、そんなマンガの中でも、クライミングや登山など、「山」に関係するおすすめマンガをご紹介いたします。
 
クライマーでも、クライマーじゃなくてもおすすめですので是非、読んでみてください。
 

「神々の山嶺」作:夢枕 獏 画:谷口ジロー

「神々の山嶺」
おすすめ度:☆☆☆☆☆
 
こちらは夢枕 獏の同名小説のマンガ版。
「山」、そして「山に登る人」をここまでリアルに描いたマンガはないでしょう。
人生をかけて山に登る男の話なのですが、その生き方、考え方、そして全体の物語に圧倒されます。
 
主人公はクライマー兼カメラマンの深町 誠。
この深町誠が、もう一人の主人公、羽生 丈二という天才クライマーに出会うところから物語は始まります。
ちなみに、羽生丈二のエピソードモデルは実在したクライマー、森田勝氏とのことです。
 
この羽生丈二、とにかく驚異的な肉体と精神を持っています。また、見た目もまさに山男という風格(笑)
 
作中に出てくるエピソードに、驚愕する場面が多々あるのですが、これらが森田勝氏の実話に基づいていると言う点でも、このマンガは驚きがあり、おすすめです。
 
無口で愛想はないが、驚異的な精神力と肉体と意思を併せ持った男、羽生丈二。
私もこんなクライマー、というか男になりたいです(笑)
 

「きし、きしよう」のグランドジョラス北壁のシーンは圧巻です。
全五巻なので読み易いという点も魅力的。

「岳 みんなの山」石塚真一

「岳 みんなの山」
おすすめ度:☆☆☆☆
 
ボランティアの救助隊員、島崎三歩が主人公のこのマンガ。
山での事故をテーマに、救助隊員が奮闘するヒューマンドラマです。
 
とにかく泣かされます、このマンガ。
いろいろな場面で泣かせにかかってくるので、電車の中など、公共の場で読む時は、涙腺注意ですよ。
 
そして、主人公の島崎三歩の人間性がすばらしすぎる。
これぞ山男!
といった感じで、たくましくて、大きくて、温かくて、優しくて、明るくて、これほど頼りになる男はいないのではないでしょうか?
 
私もこんなクライマー、というか男になりたいです(笑)
 
ちなみに、全18巻で、その他に「岳 傑作集」という別冊があるのですが、全18巻読むなら、傑作集は要らないと思います。
この傑作集の選定に個人的にあまり納得いかなかったのもありますが。
 
基本的に、一話完結なので、読み易く、老若男女問わず楽しめる作品だと思います。

「孤高の人」坂本眞一

「孤高の人」
おすすめ度:☆☆☆
 
新田次郎による同名小説を原案としたこちらのマンガ。
小説が明治から昭和初期を舞台にしているのに対し、マンガ版は現代を舞台に設定しています。
 
暗くて地味な性格だが、天才的なクライマーの森 文太郎を主人公とし、単独行で山に登る事だけに生き甲斐を感じる男の話です。
 
この主人公、小説にも登場し、実在もしていた登山家「加藤文太郎」をモデルにしています。
 
暗くて地味で山にしか興味を持てず、周りから孤立している男が、単独行でひたすら山に登る日々の中、いつしか愛する人と出会い、その人格がすこしづつ人間らしく変わっていく様は読んでいてとても爽快です。
 
マンガでは、主人公の妄想を独特な描写を用い、幻想的なシーンを表現していたりと、なかなか演出面も面白いです。
 
このマンガに限っては、私もこんなクライマー、というか男になりたいです!とは思いません(笑)クライマーとしては凄いのですが、なんかじめじめしてるんですよね。
 
ちなみに、小説版の文太郎(実際していた人)は、凄く魅力的で、こういう人になりたいと思える人なんですけどね。
 
全17巻とこちらも結構なボリュームがありますが、それほど字が多い訳ではなく、上二つに比べると一冊を読むのにはあまり時間がかからないと思います。

今回のまとめ

今回は、クライミングに関係のあるマンガを紹介させて頂きました。
どのマンガにも共通するのですが、とにかく主人公の精神力と体力が驚異的です。
 
しかしながら、実在しているクライマーを見ても、超人ばかりのクライマーの世界、マンガの主人公達も、あながち大げさではないと思われます。
 
それぞれ、山と生きる三人の男の物語。
 
そして、意外とジムにおいてあるこの作品達。
 
クライミングのレスト中にでも読んでみるのはいかがでしょうか?
 




このトピックを読んだ方はこちらも読んでいます。

このトピックにコメントする

このトピックをシェアする

都道府県からジムを探す

都道府県からお近くのジムを探せます

Twitterをフォロー

サイトの更新や日々の事つぶやいてます

Facebookページ

サイトの更新情報などを配信中

人気のトピックス

最近よく読まれているトピックス

初めての方へ

知っておきたい知識など

おすすめの本

ボルダリングに関するおすすめの本

おすすめのDVD

ボルダリングに関するおすすめのDVD