BOLLOG[ボルログ] ボルダリング総合情報 » 「ガンバ!」と声援をおくる事についつい照れてしまう方々へ



2014年01月31日 10:19

category-コラム

「ガンバ!」と声援をおくる事についつい照れてしまう方々へ

「ガンバ!」と声援をおくる事についつい照れてしまう方々へ

今回は、ボルダリングをやっている人なら誰しもが聞いた事がある「ガンバ!!」という言葉について必要以上に考えてみましたので、どうぞお読みください。

「ガンバ!についての考察」

初めてボルダリングジムや岩場に行くと、時々いろいろなところから「ガンバ!!」という言葉が聞こえてくるかと思います。

 

これは決して、「ガンバ」というあだ名の人を呼んでる訳でもないですし、サッカーの話題を大声で話している訳でもありません。ましてや、アニメの話をしているわけでもありません(その昔、ガンバの大冒険と言うネズミがイタチを倒すというアニメがありました)。

 

これは、ボルダリングの公式?の声援方法で、頑張れ!という意味の「ガンバ!」です。
言われなくてもわかりますかね。

 

スポーツにはそれぞれ独自の声援やかけ声があります。
例えば野球なら「ナイピーッ!(ピッチャーに対して)」、サッカーなら「オーレーオレオレ♪」、バレーやテニスなら「ナイサーッ!」、ドラクエなら「ガンガンいこうぜ」、中島みゆきなら「ファイト!」のようなものがあると思います。

 

ボルダリングにも、独自のかけ声があり、それがこの「ガンバ!!」なのです。

 

この「ガンバ!!」というかけ声、初めて聞くと、なんかむず痒いというか、恥ずかしく感じます(そう感じるのは、私がただひねくれているだけでしょうか)。
 
その為、自分ではなかなか声に出して言えません。ですが、ジムの常連など長年ボルダリング・クライミングやっている方なんかは、自分の友達だけじゃなく、知らない人にまで「ガンバ!!」と声をかけています。

 

時には、これから課題に挑戦しようと壁に向かうときに「ガンバです!!」と、気合いを注入される事もあります。
 

しかし、この「ガンバ!!」、あなどれません。
実はとてもパワーを持っている言葉でして、次のホールドまであと一手、ゴールまであと一手が取れない時などに、「ガンバ!!」と言われると、ついつい頑張っちゃいます。
そして、今まで何度挑戦してもクリアできなかった課題がクリアできちゃったりするのです。
 
ボルダリングを長くやっていると、こういう経験は少なからず一度はあるのではないでしょうか。

 


 
過去の文献などをいろいろと調べてみたところ、おそらくこれは「ガンバシンドローム」と呼ばれている物で、誰かに自分の登りを見られてると気づくと、「かっこわるい姿は見られたくない。」「もうちょっと粘らなけりゃ、応援してくれている人に申し訳ない。」といった心理が働き、一人きりで登っている時には生まれない、「みんなの期待を裏切りたくない」と言った勝手な使命感と、緊張感が生まれる為であります。

 
ま、わかっちゃいるけど、なかなか声に出せないという方、業界用語というのは、えてしてそういうものです。業界にどっぷりハマってしまうまではなかなか気恥ずかしい物です。
 
ですが、誰かが頑張っていて、あと一手が取れなくて粘っているとき、「ガンバ!!」ということで場に一体感が生まれ、仲間が増えるという事もありますので、勇気を出して「ガンバ!!」と言いましょう。

 

また、もし知らない誰かに「ガンバ!!」と声をかけられたのであれば、次のホールドが掴めなくても、すぐに諦めるのではなく、せめて応援してくれているみんなが「あれだけ頑張ったなら仕方がない、次もガンバ!!」と思える程度は、演技でもいいので粘りましょう。

 
これを読んだみなさんは、明日からジムで積極的に「ガンバ!!」と言ってみましょう。
 
もちろん、会社や学校でも積極的に「ガンバ!!」と言っていいと思います。あの苦手だった営業部長が「○○くん、山やってるのかね?」などと声をかけてきて、それをきっかけに昇進のチャンスが訪れるかもしれません。

 

また、女性がかけてくれる「ガンバ!!」はどんな場所でも萌えます。

 

そう、小声ではなく大声で「ガンバ!!」と言えたとき、あなたはドップリとボルダリングの世界にハマっているに違いありません。

このトピックを読んだ方はこちらも読んでいます。

このトピックにコメントする

このトピックをシェアする

都道府県からジムを探す

都道府県からお近くのジムを探せます

Twitterをフォロー

サイトの更新や日々の事つぶやいてます

Facebookページ

サイトの更新情報などを配信中

人気のトピックス

最近よく読まれているトピックス

まだデータがありません。

初めての方へ

知っておきたい知識など

おすすめの本

ボルダリングに関するおすすめの本

おすすめのDVD

ボルダリングに関するおすすめのDVD